0037-6030-43022 お問い合わせフォーム

岡崎市の整形外科と連携した交通事故専門プログラムを提供する接骨院 さくら接骨院

0037-6030-43022
岡崎市の整形外科と連携した交通事故専門プログラムを提供する接骨院 さくら接骨院

私自身、交通事故被害者でした

はじめまして。岡崎市で2004年に開院したさくら接骨院院長柔道整復師の五十嵐です。
私自身、過去、交通事故被害者でした。バイクでの接触事故で左膝半月板、靭帯損傷で松葉杖にお世話になる生活。ただ、10代だった私はリハビリを中途半端に打ち切り、結果以後約10年間は、度々痛みに悩まされていました。その後、自身でリハビリを行い現在では良好な状態を保っています。その経験から、皆様には、私のように後遺症に悩まされる事のないようしっかり治療をしたいと思っています。
初めて交通事故に遭ってしまい、どうしてよいのかわからない方。当院ではお体を良くしていくのはもちろん、あなたの不安な気持ちを取り除きたいと思っています。
安心して治療を受ける為には、患者様の立場に立ったシステムのある院選びが重要です。当院は、被害に遭われた方にストレスなく治療に専念してもらえるよう、保険会社や整形外科と連携をとり、施術だけではなく、様々なアドバイスや手続きも行っております。
「こんなはずじゃなかった」そう思わない為、苦痛、不安、疑問を、いつでも当院にご相談ください。
さくら接骨院 スタッフ

交通事故治療6つの安心

  1. 平日夜9時まで受付けていますので、仕事で遅くなる方も、安心です。
  2. 待ち時間0プログラムがありますので、時間に制限のある方も安心です。
  3. 土曜、祝日も、夜7時まで受付けていますので、平日仕事で来院できない方も安心です。
  4. 日曜日も施術を受ける事ができます
  5. 平日午前は、3歳児までの託児ができます。赤ちゃんでも大丈夫です。
  6. 感染症対策もしっかり行なっています。

事故から治療への流れ

  1. 事故後はすぐに警察に報告します。実況見分時は、なるべく冷静に、細かく説明して下さい。
  2. 相手の連絡先の確認、実況見分が終わったら、当院にお電話下さい。その後の手順を説明いたします。
  3. さくら接骨院に来院します。治療費はかかりませんので安心してご来院ください。
  4. 保険会社に連絡します。連絡方法もしっかり説明します。
  5. 連携整形外科で検査をします。すでに他病院で検査された方は、再検査の必要はありません。

メディア掲載

previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
当院独自の施術が認められ「交通事故むち打ち治療スペシャリストベスト100」に選出されました。愛知県で4院、岡崎市ではさくら接骨院のみの選出です。開院より事故施術に力を入れてきた実績が評価され大変嬉しく思います。また、その他2専門誌からも取材を受けています。

交通事故(治療)について

当院について

患者様の声

A・O様/首の痛み・頭痛(追突事故によるムチウチ)

体験者の声01

※クリックで拡大します

先日、追突事故に遭ってしまい、整形外科にてムチウチと判断されました。
事故当日の夜から、首の痛みや頭痛がしてきて、急いで当接骨院を受診しました。
当接骨院では、先生が親身になって相談に乗ってくれ、疑問、質問に答えてもらうことで安心して治療を受けることが出来ました。
スタッフの方々も、皆さん親切に対応してもらい、とても有り難かったです。
仕事の都合で遅くなることがありますが、交通事故の治療は夜9時まで対応してもらえる事がとても助かりました。
おかげ様で、事故によるケガは全快することができました。
また何かあった時は宜しくお願いします。

※体験者個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

J・U様/交通事故(ムチウチ)

体験者の声04

※クリックで拡大します

交通事故によるムチウチで病院に通っていたのですが良くならないのでこちらに来ました。
接骨院は初めてだったので、緊張しましたが、先生もスタッフの方も優しく、安心して治療を受けることができました。
帰る時には、体が軽くなっていてびっくりしました。
今では家族全員でお世話になっています。
しっかり治るまで通院しますので、宜しくお願いします。

※体験者個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

病院と同様に、交通事故保険(自賠責保険)を取り扱えます!保険治療と併せて、「筋肉筋膜調整」「整体」「最新機器」「ストレッチ」も無料にて承ります。

交通事故後の手続きストレス

交通事故後、体の痛み以外の最初のストレスは、手続きです。交通事故での手続きや慰謝料など、専門的な事は調べてもよくわかりません。
当院は、岡崎市で開院し18年の実績があり、様々な症例を経験しています。
保険会社側の考え方や、加害者側、被害者側の考え方も、おおむね理解していますので、お役に立てる交渉を行う事ができます。
交通事故被害に遭われた方に、正しい救済ができるよう、対応させていただきます。
また、慰謝料の概算など、皆様のご質問にも的確にお答えすることができます。
さらに、スタッフは定期的に交通事故に関するセミナーに出席しておりますので、新しい情報をお伝えする事もできます。
当院では、ただ治療するだけでなく、精神的なストレスやお悩みを解消する事も施術の一つだと考えています。
患者様からは聞きにくい事なども、全て初診時にこちらから、しっかり説明させていただきます。

接骨院への通院を
拒否されないために

最近、一部の保険会社、一部の担当者から「接骨院では治療できません」「病院の許可が必要です」「施術費が払えません」と言われるケースがあります。
しかし、このような発言は、残念ながら、担当者の認識不足と言わざるを得ません。通院は、個人の権利であり、転院や併院の選択権もご自身にあります。
さくら接骨院は、厚生労働省に認められた機関で、現在も多数の方が交通事故施術を受けていますので、安心して来院して下さい。
どうしてよいのかわからない方は、保険会社に連絡する前に、一度当院にご相談下さい。

保険会社への連絡について

交通事故に遭い「当院に来院された後」は、必ず、保険会社にさくら接骨院に通院する旨を連絡して下さい。保険会社には、以下の情報をお伝え下さい。
さくら接骨院
岡崎市羽根北町3-4-9
‪0564-53-1626‬
また、当院から整形外科を紹介された方は、病院名を伝えていただけると、すぐに保険会社から病院に連絡がいきます。
その後、病院に行った時は、治療費0円で受診できます。

警察での手続きについて

事故後は、加害者から「警察への連絡はやめてほしい」と言われても、必ず連絡して下さい。
連絡しないと事故証明書が作れないので、自賠責保険を使うことができなくなってしまいます。
また、事情聴取時は、加害者の過失が大きかったなど、思った事をはっきり述べて下さい。
過失割合など、後々トラブルの原因になる事があります。すでに物損事故として届けを出してはいるが、後で痛みが出た場合は、人身事故に切り替える手続きを行って下さい。
10日以内であれば、問題なく切り替える事ができます。手続き後は、交通事故証明書を発行してもらいましょう。

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法に基づいて、車、バイク購入時、または車検時に入る事が義務付けられている保険で、正式には、自動車損害賠償責任保険(損害保険会社で加入)また、自動車損害賠償責任共済(共済組合で加入)です。
通常必ず入る保険なので「強制保険」とも言われます。自賠責保険は、事故時、相手に対してのみ使うことができます。
逆にどんなケースであれ、自分の補償に使うことはできません。
任意保険は、言葉通り任意で入るもので、強制的に加入させられるものでもありませんが、最近はインターネットでも加入できるので、多くの人が利用しています。
自賠責保険の限度額は120万円なので、それ以上の補償をする時に使います。
また、単独事故時など、ご自身の車の修理費、または同乗者の治療費として、加入している任意保険から保障してもらう事ができます。
ひき逃げや、加害者が保険に入ってなかった場合の救済措置としては、国土交通省の「政府保障事業」を活用する方法があります。

車の修理代金と
通院日数との関係

保険会社の基準の1つとして、車の修理代がいくらかかったかで、通院日数の基準が決まります。
要は車の修理代があまりかからなければ、体の傷もあまりないはずなので、治療期間を短くして下さい、という病院への依頼です。
しかし、追突された時に、正面を向いていたか、横を向いていたか、体がまっすぐだったか、斜めを向いていたか、体の力が抜けていたか、力が入っていたかなど、衝突時の被害者側のポジションで、体にかかる負担は大きく変わります。
衝撃に強い車に乗っていれば、大きなクラッシュでも、体には全く損傷がないというケースがありますが、問題になるのは、その逆で、車に大きな損傷はなかったが、身体には大きな損傷が残ってしまうケースです。このような場合、当院では整形外科と連携して保険会社と交渉します。

衝突時に
体にかかる衝撃は?

JAFによると、60キロのスピードで、コンクリートの壁にぶつかった衝撃は、ビルの5階(約14m)から地面に落ちたのと同じ衝撃だそうです。
また、最も軽い軽自動車でも600キロ以上、大型トラックでは25トン。車体だけでも、体重の何十倍以上の車がぶつかってきた時に体に受ける衝撃は計りしれません。
「小さな事故だから」「その時は痛くなかったから」と遠慮せず、わずかな痛みや違和感があれば必ず病院に受診しましょう。