0037-6030-43022 お問い合わせフォーム

症例別、交通事故での痛みについて | 愛知県岡崎市の整形外科と連携した交通事故専門プログラムを提供する接骨院 さくら接骨院

0037-6030-43022

症例別、交通事故での痛みについて

交通事故におけるむちうちの種類

むちうちの痛みは、寝違いのように、横を向きづらいなど首の動きが制限されるような鋭い場合もあれば、コリや、重さのような鈍い痛みもあります。
また、むちうちにより、頚椎の歪みが出ると、頭痛、めまい、眼精疲労、耳鳴りなどの症状が出る場合もあります。

case1 頚椎捻挫

むちうちで1番多い、首の捻挫です。衝突により首が大きく揺さぶられ、主に筋肉を痛めてしまった状態です。
横を向きづらいなど、動作で痛みを感じます。筋肉だけでなく、細かい靭帯を痛めてしまう場合もあります。後頭部痛など、頭痛を伴う事もあります。

case2 頚椎ヘルニア

追突の衝撃により、背骨と背骨の間にある軟骨が潰れ、首に痛みが出ます。
神経に触れるので、手や腕に痛み、シビれを感じます。腕の感覚が鈍くなったり、重さ、ダルさを感じる場合もあります。
症状が強いと手に力が入らなくなる事もあります。

case3 バレーリュウ症候群

頚椎に衝撃が加わる事で起こる自律神経(交感神経と副交感神経)の損傷です。
症状はむちうちによる首の痛みだけでなく、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、難聴だけでなく、食欲不振や倦怠感などの全身症状がでる場合もあります。
自律神経失調症の部類なので、レントゲンやMRIなどの画像検索でもわかりません。

case4 脊髄損傷

背骨の中にある脊髄、神経の損傷。頸髄損傷は全身の麻痺、機能障害を起こします。

交通事故における腰の痛みの種類

交通事故にあった時、整形外科でレントゲン撮影を行いますが、レントゲンでわかるのは骨折など骨の問題だけです。
それが「腰痛の85%は原因不明」と言われるゆえんです。
では、レントゲンではわからない交通事故での腰の痛みの原因は、どこにあるのでしょうか?

case1 筋筋膜性腰痛

強い衝突刺激を受けた時、瞬時に力が入り、身を守ろうとします。
しかし、交通事故での衝撃は相当強いので、それに抵抗した筋肉の緊張はゆるまず、後々まで残ってしまいます。
腰だけでなく、背筋全体に痛みが出てしまう場合もあります。

case2 椎間関節性腰痛

突然の衝撃は、筋肉にとどまらず、骨格まで影響してしまいます。
背骨は椎体と呼ばれる24個の骨が繋がっていますが、その1つ1つに椎間関節と呼ばれる関節があります。
交通事故で強い刺激は、椎間関節への負担となり、捻挫様の痛みを起こします。

case3 仙腸関節性腰痛

骨盤は、仙骨、腸骨、座骨、恥骨の4つの骨で構成されています。
その中の仙骨と腸骨にある関節に発症した痛みを、仙腸関節炎と呼びます。
仙腸関節炎は、交通事故で骨盤に強い刺激が加わる事で起こります。
立ち上がる時や、起き上がる時に痛みが出るのが特徴です。

case4 外傷性腰椎椎間板ヘルニア

背骨は、24個の椎体と呼ばれる骨が積み重なって構成されています。
椎体と椎体の間にある軟骨が潰れ、神経に当たった状態です。
腰の痛みだけだなく、足に痛みやシビれが出るのが特徴です。

交通事故(治療)について

当院について